アパレル 経験談

【アパレル店員はしんどい?】アパレル経験10年以上の筆者の感想をご紹介。

アパレル店員はしんどい?

アパレル経験10年以上のキャリアを持つ筆者HARUです。

筆者HARUはアパレルの店員はもちろんアパレルのなかでも営業、店舗管理と様々な職種を経験してきました。

今でもアパレルに携わる仕事をしています。

そんな筆者が「アパレル店員はしんどいのか?」ということについて10年以上働いている感想をご紹介します。

これからアパレル業界を目指す人や転職を考えている人の参考、アパレル業界で働く人に共感してもらえれば嬉しいです。

 

目次

1.アパレル店員はしんどい?

2.アパレル店員として働くなら少人数の店舗はダメなのか?

3.アパレル店員をするなら少人数の店舗が良い?大人数の店舗が良い?筆者の感想

 

1.アパレル店員はしんどい?①

アパレル店員は体力的、精神的どちらも消耗するためはっきりいってしんどいです。

これからアパレル業界に挑む人は覚悟をしておくべきであり、生半可な気持ちでチャレンジすることはおすすめしません。

では何故体力的、精神的にアパレル店員はしんどいのか?

それは個人売の売上や店舗の売上を意識しながら様々な雑務をこなさなければなりません。

アパレル店員といえば極端な話、「服を売るだけでないの?」と思うかもしれません。

アパレル店員は販売はもちろんですがアパレル店員の仕事はそれだけではありません。

商品の納品や返品、在庫管理、ストック整理、商品の展開替え、顧客様へのアプローチなど多くの業務があります。

多くの業務をこなしながら決められた時間で売上を作っていかなければなりません。
販売だけでもいけませんし雑務だけでもいけません。

雑務もこなしがら売上をとらないといけないのでアパレル店員は体力的、精神的にしんどいです。

特に少人数で運営している店舗で個人売りが厳しいところは人員がタイトなためひとりひとりの負担が大きいです。

また会社やブランドによって忙しいわりに給料が安くてしんどいということもあります。

 

2.アパレル店員として働くなら少人数の店舗はダメなのか?

少人数の店舗には少人数ならではのメリット・デメリットがあります。

デメリットとしては先程ご紹介したように人数が少ないので売上、作業量ひとりひとりの負担が大きいです。

人数も少ないことから連休などもしにくくなります。

また人間関係が悪化すると大変です。

メリットとしては人数が少ないのでチャンスが多く活躍しやすいメリットがあります。

接客、作業と多くをこなせるので自分の力を成長させやすいです。

筆者は少人数の店舗で働いていたこともありました。

人数が少ないので色々なことをさせてもらい楽しかったですが、大量の納品や返品などの雑務があるときは思うように販売に集中できず精神的、体力的にしんどかった記憶があります。
また三人で店舗運営しておりましたが、私以外の二人の人間関係が悪化し板挟みになって辛かった記憶もあります。

大人数の店舗も人数が多い分メリット・デメリットがあります。

大人数の店舗は人数が多い分作業量が減る、休みもとりやすいメリットがあります。

しかし人数が多いためお客様の取り合いや活躍がしにくい、自分の力を成長させにくいデメリットがあります。

 

3.アパレル店員をするなら少人数の店舗が良い?大人数の店舗が良い?筆者の感想

アパレル店員をするなら「大人数の店舗で尚且つ知名度がある店舗が良い」のが筆者の感想です。

大人数なら知名度があるというところが大事です。

知名度が低いとお客様の来店も少ないなか多くのライバルスタッフと戦わなければならず経験も積みにくいです。

大人数の店舗であっても知名度のあるブランドだとお客様の来店も多いです。

土日や繁忙時はスタッフの数も多いですがお客様の数もいるのでチャンスも回ってきやすいです。

筆者は少人数の店舗で接客から色んな経験をしてから大人数の知名度が高めのブランドに行きました。

少人数は人数が少ない分必然と頑張らなければなりませんので非常に勉強になりました。

大人数の店舗はまた違った経験ができます。

売上予算は高く大変な面がありますが、多くのスタッフがいることで刺激をもらうことができます。

アパレル業界に飛び込むなら少人数の店舗でさまざまな経験をしてから大人数の知名度のある店舗に行く。

最初から大人数の知名度のある店舗に行くことがおすすめです。

 

【アパレル店員のやりがいとは?】10年以上の経験がある筆者が感じたことをご紹介。

 

 

-アパレル, 経験談
-, , , ,

© 2021 A.S.P~アパレル店員/販売員の毎日 Powered by AFFINGER5