アパレル 愚痴

【アパレル店員の愚痴①】アパレル店員だからこそ共感できるイライラ。

【アパレル店員の愚痴①】

アパレル業界で働くHARUです。

アパレル店員をしていたらお客様に対して以外にも本部にもイライラすることがあります。

アパレル店員だからこそわかる愚痴の数々を綴っていきます。

同じアパレル業界で働く人に共感してもらえると嬉しいです。

 

目次

1.土日祝に大量納品をする本部

2.大量納品を置く場所がない

1.土日祝に大量納品をする本部

アパレル店員をしているとタイトルにも書いてある通り「土日祝に大量に納品をする本部」にイライラしたことがあると思います。

土日祝はお客様の数が平日より多いので数字を意識しているアパレル店員からすれば販売に集中がしたいです。

大量に納品されると納品を捌くことも考えなければなりませんし、他のスタッフが納品を捌いていると自分だけ販売というわけにはいきません。

本部は土日祝だからという理由で予算、目標を高めに設定してきます。

なのに急ぎでもない商品を大量に土日祝に送ってくる本部は何がしたいのかわかりません。

「予算、目標をとれ」という割に足の引っ張るようなマネをする。

腹が立って仕方がありません。

「予算、目標とらせなくないのかな?」とも感じます。

また冬のセール最初の土曜日にもかかわらず春の新作を大量に納品してくるといった訳のわからないこともする。

セール商品のフォローしてくれるならまだしも極寒の寒い時期にペラペラの春の商品がセール最初の土曜日にいるのか?

日付指定をして月曜日の平日納品だったらいけなかったのか?

など思うことが多過ぎます。

後日電話で本部に文句を言ったらファッション感度の高い人からすればセール商品よりも春物を求められるので納品しました。と言ってくる始末。

それならもっと早く納品しろ。忙しい土曜日に着ける必要があるのかと感じます。

そのくせ早く欲しい商品に関しては全然送ってこない本部に腹が立ちます。

 

【アパレル店員あるある①】アパレル店員だからこそわかる、共感できる「あるある」をご紹介します。

 

2.大量納品を置く場所がない

土日祝の忙しい日に大量納品をされたらイライラするうえに急な納品だと大量納品を置く場所がないことで置き場所を作らないところから始めないといけないということでイライラします。

ストックがパンパンで置く場所がないのに商品を送ってこられると置き場所を確保するためにストックを整理して無理矢理置き場所を確保しなければなりません。

それもお客様が多い土日祝に。

はっきり言って土日祝にする仕事ではないと感じますし、大量に納品するなら動いていない商品の返品指示を前もってするなどできないのか?と感じます。

人によってはこの本部の人、本部のこの部署担当の人は仕事ができない、販売能力がないと思っています。

数字に貪欲な人や販売スキルの優れた人、販売上がりで本部に行った人はこのような愚行はほとんどおこないません。

もしこの記事を商品を管理する本部の人が見たならば考えて欲しいと思います。

このような愚痴、意見を言うと本部の人は納品を捌くスピードが遅い、数字のとる人は大量の納品をしても数字をとるなどと見てもない、自分では出来もしないことを言います。

たしかに大量納品があっても数字をとる人はいますが、その場合周囲の人間が必死でフォローしている現状を理解してほしいです。

今回はアパレル店員の愚痴として土日祝に大量納品を着ける本部について愚痴らせて頂きました。

同じアパレル業界で働く人に共感してもらえれば幸いです。

 

-アパレル, 愚痴
-, ,

© 2021 A.S.P~アパレル店員/販売員の毎日 Powered by AFFINGER5